月別
タイトル
2019/8/29/
ハイエック事務所内に「北海道外国人相談センター」を開設

本日8月29日、政府が推進する外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策の一環で、ハイエック事務所内に「多文化共生総合相談ワンストップセンター」として「北海道外国人相談センター」を開設しました。同センターは、原則11カ国語(日・英・中(繁体/簡体)・韓・ベトナム・タガログ・タイ・露・ネパール・インドネシア・ミャンマー)に対応し、相談内容によっては専門機関や弁護士等と連携し解決を図ることを目指します。これから増加する外国人の方々が暮らしやすい北海道づくりへの取組みを進めていきます。

 

開設セレモニーの様子

 

外国人からの相談を受ける相談員

2019/8/16/
2019年度JICA研修 上水道施設技術総合:水道実務者向け実践編(B)コース 終了

6月から70日間続いていた2019年度JICA研修 上水道施設技術総合:水道実務者向け実践編(B)コースが終了し、8人の研修員がJICA斉藤顕生所長から修了証書を受け取りました。滞在中は札幌市水道局の技術指導を受けながら、東京、大阪、兵庫、広島、仙台など道内外各地で研修を重ねてきました。閉講式ではスーダンのアシムさんが挨拶し「日本では水道技術はもちろんのこと、日本人の礼儀正しさ、ホスピタリティに感激しました。母国に戻ったら、家族や同僚に日本で経験したことをたくさん共有したいと思います」と挨拶しました。

 

 

 

 

2019/8/14/
「高校生・アジアの架け橋養成事業 2019」を実施しました

ハイエックでは、明日の北海道を担う高校生をアジアの開発途上国に派遣し、格差や環境問題などを身近に考えることを通して人材養成を行う「高校生・アジアの架け橋養成事業」を実施しています。

今年度は、10名の高校生をカンボジア王国に7月28日から7日間の日程で派遣しました。

一行は、首都プノンペンやカンボジア中部のコンポントム州、またアンコールワット遺跡で有名なシェムリアップを訪れ、地雷処理の現場視察や日本のNGOが支援活動をしている養護施設などで現地の子供たちと交流し8月3日に帰国しました。

 

 

▲このページの先頭へ

Copyright(C) HIECC. All Rights Reserved.