• HOME
  • お知らせ
  • 第9回 北海道で考える北東アジア国際情勢シンポジウム
第9回 北海道で考える北東アジア国際情勢シンポジウム
2021.03.04
お知らせ
申込受付中
第9回 北海道で考える北東アジア国際情勢シンポジウム開催要領

1. 趣旨
2017年1月に就任したトランプ大統領は、3回にわたり米朝首脳会談を行い、中国との対決姿勢を示した「貿易戦争」など、北東アジアに大きな影響を与えた。そうした政策の半ばで、2021年1月にバイデン新大統領が就任した。そこで、今回のシンポジウムでは、これまでのトランプ政権の北東アジア政策を総括するとともに、新しく発足したバイデン政権の北東アジア戦略を展望しながら、今後の日本の北東アジアにおける役割について考える。

お申し込みはこちらから
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeH8Q3GgsH6ongWeWy9Ql27CXil0LfORWzTa20RpjO7acxZaQ/viewform?vc=0&c=0&w=1&flr=0


2. テーマ案 「トランプからバイデンへ~米国の北東アジア戦略を考える~」

3. 日時  2021年3月15日(月)14:00~16:00

4.形式  ZOOMのウェビナーによる開催

5.主催  公益社団法人北海道国際交流・協力総合センター(HIECC)

6.後援  北海道、北海道経済連合会、北海道新聞、北東アジア学会ほか

7. 内容・タイムテーブル案

(1) 主催者開会挨拶 

(2) 基調報告〔各20分〕 14:10~15:10

① 三村 光弘 環日本海経済研究所主任研究員 北東アジア学会会長
「米国の対中国政策と日中関係を考える」

② 池  直美 北海道大学公共政策大学院専任講師
「米国の対韓国政策と日韓関係を考える」

③ 川口 智彦 日本大学国際関係学部准教授
「米国の対北朝鮮政策と日朝関係を考える」

【休憩】15:10~15:20

(3) ディスカッションとまとめ (会場との質疑応答含む) 15:20~16:00
コーディネーター: 高田喜博 ハイエック客員研究員
(4) 閉会
  •  

  • 申し込み用2次元QRコード

  •